レーザーの

パーソナルコンピューター。パソコンが一般家庭でも利用される様になってから既に20年近くが経とうとしています。
パソコンというものは五大要素というものからできています。動きを指示する《制御》、データの処理をする《演算》、データを保存する《記憶》、人間がパソコンに指示を出すための《入力》、そしてパソコンが人間に考えを伝えるための《出力》。この五つによってパソコンは形成され、それが変わるという事は今でもありません。
しかし時代が進むにつれて、パソコンに支持を出すための入力やパソコンが考えを伝えるための出力の道具は様々なものが出てきました。
入力の為のものといえば、キーボードやマウスは必ずパソコンに付属しているものです。けれどそのマウスもノートパソコンであればタッチパネル式のものが必ずついていたり、マウスの形というものも色々なものがあります。
他にも絵をかくために特化したペンタブレッドといったものや、ゲームをする為に特化したコントローラー、最近ではパソコン内の画像を感覚的に動かせる様な装置というものも開発されています。
大きなものでいえば、医療器具――MRI等も入力装置と呼べるかもしれません。
それと同じように出力装置も大きな変化を遂げてきています。
パソコンに必ず付属している出力装置はモニターです。モニターが無ければパソコンがどんなことをしていてもわかりません。そして最新の出力装置は3Dプリンターでしょう。
平面のものが立体で出てくるという技術はよくよく考えるとものすごい技術の進歩です。
何故なら今までパソコンで作られたデータはモニターに表示されるものであれ、音声であれ、プリンターによる印刷であれすべて平面、また立体感のないものでした。
その様にとても驚かされる技術である3Dプリンターですが、パソコンが一般家庭でも使われる様になった時、同時にパソコンの出力装置として売られたプリンターも様々な進化を遂げています。
主に一般家庭で使われているプリンターといえばインクジェットプリンターです。
「単純に印刷をするだじゃないか」と思われるかもしれませんが、過去のインクジェットプリンターと現代のインクジェットプリンターを比較して頂くと、印刷の細かさや、インクの耐久性、印刷スピード、印刷時の音等は地道にですがどんどんと向上しています。
自分の子供の成長がわかりにく様に、日常的に使っているプリンターという存在も長い目でみれば大きく変化してきているのです。

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930

オススメリンク